PEOPLE社員紹介

食品から建材、自動車まで幅広い業界にアプローチができるのが魅力 中野 楓 スペシャリティーケミカル本部 ファインケミカル第1部 精密化学品G

PEOPLE社員紹介

食品から建材、自動車まで幅広い業界にアプローチができるのが魅力 中野 楓 スペシャリティーケミカル本部 ファインケミカル第1部 精密化学品G

自分を武器に様々な商品を紹介できる商社という存在

学生時代から、営業力や交渉力、話術など自分の力を武器に様々な商品を紹介できる商社という存在に魅力を感じていました。とりわけ化学品の商社は売先が限定されておらず、食品から建材、自動車まで幅広い業界にアプローチができるという良さがあります。化学品業界の中で豊通ケミプラスを選んだのは、「人」に惹かれたというのが一番の理由です。面接を重ねていく中で、人事担当者をはじめ役員の方々が私の話を真摯に聞いてくださったのが印象的でした。この人たちと一緒に働きたい。そんな憧れのようなものが私の背中を押したのです。
実際に入社してみると、豊通ケミプラスの人たちはすごく温かみがあって、困ったときなどに、相談に行くと、いろいろな方が集まって一緒に考えてくれます。ワンチームで一人ひとりに向き合ってくれる。そんな会社だと実感しました。

相手に真摯に向き合うこと、向き合う努力をすることで成長を果たす

現在は、ファインケミカル第1部に所属し、酸化防止剤や紫外線吸収剤などの樹脂添加剤や、シリカを扱っており、主に国内化学品メーカーへの販売を担当しています。これらの商材は少量を添加することで付加価値を与え、製品の性能を上げることができます。また、「添加剤ドットコム」というサイトも運営しており、日々、日本全国から添加剤の相談やサンプル依頼がきます。その中で、お客様のニーズをヒアリングし、適切な商品の提案を行っています。
日々の仕事では、相手に真摯に向き合うこと、向き合う努力をすることを心がけています。豊通ケミプラスの目指す「Solution Hub Company」「提案型商社」のための人材になるには、既存の情報をただそのまま流したり、人に言われたことをするだけではなく、自分なりの考えをもってアプローチすることが大切です。そのようにして、客先と交渉し、改善や業績のアップにつながったときにはやりがいを感じます。

見習いたい「対応」「考え方」を自分に取り入れるチャンスがある点にやりがいを実感

私が今、目標にしているのは先輩方です。ケミプラスは一人ひとりがユニークでそれぞれ独自の営業力をもっています。例えば、お客様のニーズを引き出すのがとても上手です。どういった話し方をすれば相手から求めるものが引き出せるのか、いろいろ勉強しているところです。「人の振り見て我が振り直せ」という言葉があります。人の失敗を見て自分も同じミスをしないように注意するということも重要ですが、むしろ見習いたい「対応」や「考え方」を自分に取り入れることや、先輩や上司が客先で話している仕事の会話内容をしっかり聞き、自分のものにすることが大切だと感じています。
大学でスペイン語を勉強していて、商社に決めた理由も海外に接触があるという点でした。将来的にはスペインや南米で仕事ができたらと思っています。食品系などのグループでは南米での仕事が多いので、そういった分野にも挑戦できればと考えています。

  • columncolumn
  • column写真

PAGE TOP