PEOPLE社員紹介

仲間と共に楽しく、面白く成長していける会社にしていきたい 正木 健司 2006年入社 自動車資材本部 ゴム部 大阪ゴムグループ グループリーダー

PEOPLE社員紹介

仲間と共に楽しく、面白く成長していける会社にしていきたい 正木 健司 2006年入社 自動車資材本部 ゴム部 大阪ゴムグループ グループリーダー

風通しの良い社風に惹かれて飛び込んだ

私は2006年に中途採用で入社しました。前職とは異なる業種で、しかも文系出身でもあったために商材となる化学品はまったく未知の世界でしたが、シンプルに豊通ケミプラスが持つ、風通しの良い社風に惹かれて入社しました。入社当初は、一からの勉強となりましたが、会社の同僚や先輩社員はもちろん、クライアントからも色々と教わりながら、商材に対する知識を深めていきました。今ではグループのリーダーとしての役割を担うまでになりました。
私たちのグループは、合成ゴムと関連する薬品をメイン商材とし、国内外の自動車関連部品メーカーへのトレーディング業務を従事します。その中で私は各担当が日常業務において発生する様々な問題の解決をサポートしています。また、自動車メーカーの海外生産の動向に応じて、顧客である部品メーカーの現地生産化に向けた海外進出のサポート、さらに原材料についても各国に応じて最適調達ができるよう提案しています。

トラブルを乗り越えて成長を果たす

2013年から4年間、インドネシアのジャカルタに駐在しました。念願だった初めての海外駐在へのチャレンジとなりました。主に現地に進出している日系自動車部品メーカーへの材料供給に従事。インドネシアでは素材メーカーがほとんどないため、材料の大半を輸入に頼っています。自動車メーカーや部品メーカーから依頼を受けて材料を手配するのですが、数量のズレや船便の遅延など、様々な要因によって材料欠品の危機に直面したことも何度かありました。
いかなる状況でも生産ラインを絶対に止めてはいけないという責任が常にあったので、どんなことがあっても、必ず材料を供給し続けることが、お客様との信頼関係の基礎となっていました。その過程では、様々な方のサポートがあって、成し遂げることができたと思っており、人と人との関係の重要さを実感することができました。次から次へとトラブルが発生し、きついこともありましたが、同時に人間的な成長を果たすことができた期間でもありました。

グローバルで活躍できるチャンスがある点にやりがいを実感

豊通ケミプラスの魅力のひとつに、各担当に責任ある仕事が任されている点があげられます。裁量が大きく、その分、責任を感じながら仕事に従事できるところ、また化学品専門商社として世界中で勝負できるフィールドを持っており、グローバルで活躍できるチャンスがあるところにやりがいを感じています。
仕事を通じて、様々な人と交流する機会があり、その中で人として何が大事なのかを考える機会を与えてもらいました。“人生=仕事”は言い過ぎかもしれませんが、会社で仕事に従事している時間を考えると、会社は基本楽しく、面白い場所であるべきだと思います。そういった意味でも、豊通ケミプラスは私を満足させてくれる会社であり、これから入社する後輩たちにとっても、厳しさ、大変さがありながらも、仲間と共に楽しく、面白く成長していける会社にしていきたいと考えています。

  • 1DAY SCHEDULE (JAPAN)
  • 1DAY SCHEDULE (WORLD)

PAGE TOP