PEOPLE社員紹介

若いうちから規模や責任の大きな仕事を任されるチャンスのある会社 田中 亮 2012年入社 生活資材本部 生活資材部 名古屋生活資材G

PEOPLE社員紹介

若いうちから規模や責任の大きな仕事を任されるチャンスのある会社 田中 亮 2012年入社 生活資材本部 生活資材部 名古屋生活資材G

単に“モノを売る”営業マン
ではないという
自覚

私は生活資材部に所属しています。文具メーカーや住宅設備メーカー、合成繊維メーカーに対し、原料となるプラスチックの提案、販売を担当しています。“原料を納入して終わり”という単純な仕事ではなく、当社の協力メーカーで素材の加工や組み立てを実施。半製品状態で納品するOEM(受託製造)製品を提供するケースも少なくはありません。また、クライアントのご要望にお応えするだけでなく、金属から樹脂への素材替え、新たな機能を付与する新素材のご紹介、あるいは物流方法の見直しによるコストダウンなど、ニーズを正しく把握して、状況に応じた提案を行っています。
“営業”と聞くと“モノを売る人”というイメージがありますが、豊通ケミプラスの営業は少し感触が違います。買い先のメーカー、物流業者、倉庫業者、加工メーカーなど、多数の関係者との連携の中でビジネスを組み立てていきます。その中で、誰かに一方的に皺寄せが行くようでは長続きしません。自己本位な考え方をせず、相手の目線に立って状況を見て、相手の気持ちになって物事を考え、調整することを常に心掛けています。

自由な発想でビジネスを描ける
商社パーソンの魅力

就職活動期間は、初めから商社に絞って企業研究や会社訪問を進めていました。商材・地域に縛られることなく、自由な発想でビジネスを描ける点に強い魅力を感じていました。どこから買い、どこで加工し、どこに在庫して、どこへ販売するか。そういったフローをすべて自分で考え、動いてみたいと考えたのです。様々な商社を訪問してく中で、「化学品」の可能性と領域の広さを知り豊通ケミプラスに魅了されました。豊通ケミプラスは川上の原料から最終製品まで幅広い商材を取り扱っており、加えて化学品はまだまだ変化・進化していく可能性があり、国内外に無限大ともいえるフィールドの広がりを感じました。
最終的には、豊通ケミプラスで働く“人”の魅力が入社を決意する一番の要因となりました。採用活動の過程で、先輩社員とざっくばらんに会話をする機会が用意されており、自分が働いているイメージを持つことができたことで、入社意志が固まりました。入社してからも、若いうちから規模や責任の大きな仕事を任されるチャンスや可能性があります。大変なことも多いですが、心身ともに鍛えられ、大きな成長を実感することができます。

将来の豊通ケミプラスを支える
ビジネスを創出していく

この会社でキャリアをスタートさせて、成長させてもらった場所という感覚がある一方で、この会社をもっと大きく、そして強く成長させていきたいという思いもあります。現在の豊通ケミプラスを支えるビジネスの大半は過去に作り上げてきたものがほとんどになります。この遺産を守ることも重要ですが、一方で将来の豊通ケミプラスを支えるビジネスを創出していく必要があるとも感じています。自分が一から絵を描き、足を使って、人との関係を構築し、情報を収集していく中で、当社が勝てる要因、リスク要因、収益性を分析。自分が作ったビジネスが当社を支える柱になることを夢見て、挑み続けていこうと考えます。
現在は、海外駐在員として、現地で新しいビジネスを拡大していきたいと思います。さらに、そのうえでチームやグループのマネジメントを行う立場へと成長。自分がしてきてもらったことや今までの経験値を活かし、次世代を育てていくことが将来的な役割だと自負しています。

PAGE TOP