PEOPLE社員紹介

商社の仕事は、ただ販売するだけではなく、“創造性”が必要 上和田 翔太 2015年入社 産業資材本部 有機化学品第2部 有機化学品グループ

PEOPLE社員紹介

商社の仕事は、ただ販売するだけではなく、“創造性”が必要 上和田 翔太 2015年入社 産業資材本部 有機化学品第2部 有機化学品グループ

仕事を楽しむ社風がある
ということが容易に想像できた

学生時代に大学院では総合化学を専攻。自分の知識を活かすことができる業界への就職を希望していました。その中で、取り扱う商材に縛られることなく、社会のニーズにあった化学品を供給できる商社に無限の可能性を感じると同時に、私自身も、幅広いアイテムを扱うビジネスに携わってみたいという気持ちが芽生えてきました。
いくつかの専門商社を訪問する中で、豊通ケミプラスの社員が、目を輝かせながら楽しそうに自分の仕事の話をしてくれた姿が印象に残りました。“きっとこの会社には仕事を楽しむ、そんな社風なのだ”ということが容易に想像できたため、豊通ケミプラスに入社をしようと考えました。実際に入社後に実感するのは、社員が協力し合う風土があるということ。困ったことが起きても相談しやすい環境にあるので、一丸となって壁を乗り越えることができます。

成功も失敗も、自らの成長の糧にしていくことが大切

現在は、コーティング材料部に所属しています。塗料や接着剤、潤滑油などの原料となる化学品の国内販売、およびアジア地域への輸出業務を担当しています。入社以前から意識していたように、幅広い品種を扱いたいという思いは実現できており、幅広いクライアントとの接点の中でビジネスを展開しています。多くの経験を重ねることで、自分の成長を感じられる点に仕事のやりがいを感じています。しかし一方で、失敗をしたり、トラブルに巻き込まれることも往々にしてあります。
その場合は失敗の原因を特定し、同じ間違いを犯さないようにするにはどうすれば良いかを考えながら、次の機会へと繋げていきます。そういった成功と失敗を繰り返しながら、同じ失敗をしなくなったときに成長を実感します。成功も失敗も、自らの成長の糧にすることが大切ですし、失敗を恐れずにチャレンジする必要があることは、先輩や上司からも学んできました。

クリエイティブな発想力を
駆使して新規ビジネスを創造。

入社後から今までの経験の中でもっとも印象に残っているのは、入社して間もない頃に本部長からいただいた言葉です。「仕事というのはクリエイティブであるべきだ」といわれたのですが、それ以来、商社の仕事は、ただ販売するだけではなく、創造性が必要なのだと強く意識するようになりました。時には、仕事が大変だと感じる時もあります。当たり前のことではありますが、仕事を進めると責任や義務が生じます。しかし、決して“受け身”の責任や義務だけが生じるのではなく、その対価として得るものも非常に大きいと思っています。どのような状況下でも前向きに仕事をすることで、信頼や成長という、大切なものを得ることができます。
豊通ケミプラスには大きく、自動車、生活資材、スペシャリティーケミカル、産業資材という、4つの営業本部があり、お互いに事業拡大に向け協業している点に特徴があると思っています。将来的には所属する部署のメンバー全員と協力し、部署の柱となる新規ビジネスを創造する。そのためにもクリエイティブな発想力が試されると感じています。

  • columncolumn
  • column写真

PAGE TOP