COMPANYトップメッセージ

代表取締役 佐藤 一範

自分自身をベンチマークしながら、一歩ずつ成長し続けられる人間が伸びる

豊通ケミプラスの成長の方向性

本籍:トヨタ自動車グループ、現住所:総合商社を標ぼうする豊田通商グループを背に、化学品という分野を極めるプロ集団が我々豊通ケミプラスです。
現在の日本、および世界経済を見渡した時に、もっとも激しい変化が起きているのが自動車、そこには、化学品業界から新しい技術、新しい素材が持ち込まれ、数々のイノベーションが現在進行形で生まれています。その自動車分野に歴史的に深く関わる化学品商社としての地の利を生かし、化学品業界を、更にホットな市場に導いていくこと、それが我々の重要なミッションの一つであると考えます。

化学品という分野を極める
“プロ集団”=豊通ケミプラス

“プロ集団”という言葉には二つの意味を込めております。
一つは「技術知識の蓄積がある」ということ。それは“難解な専門的な技術の話ができる”というよりも、お客様の開発、調達、製造、販売等の様々なプロセスに寄り添い、理解した上で、仕入先や販売先の方々に対し、わかりやすく“技術の通訳”が出来るということ。
もう一つは「人脈の蓄積がある」ということ。化学品という商材軸にしっかり根を張り、その周囲に広がる自動車を始めとする様々な分野のお客様との人脈を築き続けることを指します。

我々の新たな仲間となる方々への期待

現在の当社が求めるのはどのような人材か?
各々に個性を持ち、各々の人生の主役である皆さんに対して“このような人間になってほしい”と言うつもりは無く、“自分らしく”働いてほしいと切に思っています。ただ、一つだけお伝えしたいのは、“昨日の自分より今日の自分” “今日の自分より明日の自分” という風に、自分自身をベンチマークしながら、一歩ずつ前進できる自分であって欲しい、その結果、皆様ご自身の成長幅も大きくなり、ご自身の市場価値も高まるということです。
そのような力を身に着けるためには、現場で起こる大小様々な困難に正面から対峙し、一つ一つ乗り越えて行く、そんな経験の積み重ねが大切です。私たちは、皆さんが次のステージにステップアップできる、そんな成長の場を提供し、皆様の挑戦をサポートします。

また、商社で働くと、仕入先やお客様、日本や海外、出資先に於ける株主や経営といった複数の視点を、実ビジネスを通じ、体感することができます。多角的な視点で物事を捉える経験を積むことで、迅速な判断力も着実に身についていきます。それは、商社ならではの大きな魅力の一つであると考えます。

我々豊通ケミプラスは、実ビジネスを通じ、困難から逃げない姿勢と多角的な視点を積み上げ、ご自身の成長を実現いただく、格好の舞台と言えます。

皆様の個々の成長が、組織の成長/変化につながります。変化の無い組織は、地球上の生き物と同様、徐々に元気を失っていきます。組織の変化を起こし、新しい豊通ケミプラスを創出し続ける、そんな高みを目指し、一緒になって汗をかきたい、汗をかける方々をお待ちしています。

PAGE TOP