BUSINESS総合商社と専門商社の違い

総合商社、専門商社の違いとは?

皆さんが就職活動を進める中で、「商社」について調べたとき、「総合商社」「専門商社」という言葉が使われていることに気付かれたと思います。
幅広いものを扱い規模の大きな事業を担う「総合商社」に対して、特定分野に特化して専門性を発揮し、世の中に価値を生み出している商社が「専門商社」と呼ばれています。

では、豊通ケミプラスはどちらに属しているのでしょうか?
「事業概要」や「豊通ケミプラスの強み、特徴」などのページを見ていただいた方にはお分かりでしょうが、豊通ケミプラスは「化学品分野の製品」を取り扱う「専門商社」です。

豊通ケミプラスは、専門商社の中でも化学品に特化し、商品を取り扱っています。
専門商社と聞くと、入社前に専門分野の知識が求められるのではと心配する学生がいらっしゃいますが、その心配は一切ございません。
実は豊通ケミプラスの社員は、半数以上が文系出身者です。
化学品の知識がない状態で働きはじめ、社内の研修や教育制度によって、入社後に専門性を身につけています。
もちろん大学で化学分野を専攻されていた学生の方には、その知識を入社後に存分に活かしていただくフィールドがあります。
また、素材等の化学品を取り扱っていることから、新素材を利用した新たなプロジェクトに直接的に関わることができる等、最先端の技術やビジネスに触れるチャンスも大いにあります。
その時に必要とされるのは、やはり様々な難関を「突破」する力、エネルギーです。
皆さんの挑戦をお待ちしています。

PAGE TOP